引っ越し 失敗

ひとつ前の失敗談を乗り越え…

 

今回はアリさんに依頼をして引っ越しをしました。

 

前回、色々有り、さんざんな引っ越しになったので、アリさんの作業員がしっかりしていたことに感謝です。

 

数年前した引っ越しは事情があり契約後2週間で引っ越しがしたく、その為、最短で引っ越しをしてくれる業者を探しました。

 

時期的に(4月中旬)業者も簡単には見つからず、見つかったとしても最高値で予算オーバー。

 

そんな時に、安く2週間以内に引っ越しが出来る業者を見つけました。

 

予約は感じが良く、安心して契約できました。

 

引越し失敗談

が!引っ越し当日来た作業員(男性2名)の対応・態度は最悪そのもの。

 

まず前の現場が早く終わった為、契約の1時間前に来た。

 

終了時間などの設定はしていなかったはずなのに終了時間があり、尚且つ2tトラックを1台レンタルしていたはずなのに、違う人の荷物がすでに積んであり相乗り状態。

 

まずまず、2tを頼んだのにはその分の荷物があるからである。

 

相乗りの時点であとに乗せられる私の荷物は全て乗らない事は、この時点で明確。

 

案の定、全て乗せることは出来ないため大物(といっても一部)とすぐに必要なもの以外は置いてかれた。

 

そして契約事項にあった電動付自転車を置いて行かれ、何度催促しても持って来てもらえず、結局撤去されてしまい紛失状態。

 

1回で済むはずの引っ越しは2回になり、すぐには2回目の契約が決まらなかったため解約日を伸ばし、だれも住んでいないのに1か月分余計に家賃を払う目にあいました。

 

引っ越し費用は安かったが、結局その後に発覚した補修費用を考えると大手の引っ越し会社に頼んだ方が安く済んだと思う。

 

この経験により、少し高くても安い業者にはそれなりの理由があるって事です。

 

安く引っ越しが出来たとしても、修理費や買い直しなどの事故が起こった場合、大手は保障してくれますが、安い業者は何かといちゃもんをつけて支払ってくれません。

 

新生活が始まるってことはワクワクしているはずなのに、引っ越し業者のせいで楽しい気分を壊されないためにも業者はきっちりリサーチし、補償内容まで確認した方が良いと思います。

 

賃貸をお探しの方は注意してください!

 

5年ほど前、住宅街の中にポツポツと畑があるような、郊外のアパートに住んでいた時でした。

 

アパートの隣には大家さん所有の30坪ほどの畑がありました。

 

長閑でいいところだなぁと思っていたのですが…。

 

困ったのは、畑でゴミを燃やされることでした。

 

枯れた草や木の枝だけではなく、肥料の空袋(ビニール素材?)なども。

 

臭いがひどく、外出中に燃やされると洗濯物に臭いがついて、洗い直しということもありました。

 

肥料の臭いも辛かったです。

 

とても風通しのいいアパートだったので、昼間は窓を開けていたのですが煙や肥料の臭いが入ってくるので我慢してしめていたり。

 

引越し失敗談

畑から伸びてきた雑草が、下の階のベランダに入ってくることもありました。

 

秋の収穫後の焼却が一番期間が長くて辛かったですね。

 

大家さんは昔からそこの土地に住んでいる方で、かなりの土地持ち。

 

地主さんという感じで、直接にはとてもじゃないけど言えませんでした。

 

同じアパートの方々にそれとなく煙のことを聞いてみたのですが、賃貸を借りてる身分だからしょうがないよねと皆さん特に何もせず…という感じでした。

 

毎日毎日、というわけではないので、窓を閉めて我慢していたようです。

 

管理会社に話してみても、ハイハイと言うだけで注意してくれるわけでもありませんでした。

 

大家さんも優しい方だったので、昔から自分の畑でやっているであろう習慣を、勝手に入ってきた新参者が注意するのも何だかなぁ…という気持ちでした。

 

結局、子どもが産まれたのをきっかけに引越しましたが、新しいアパートは隣近所に畑がないことを重要視しました。

 

今になってみれば、おそらく自治体の条例などで住宅街での焼却についての決まり事があったと思うので、市役所に相談すればよかったかなぁと思いました。